FC2ブログ

Zapple fashion diary

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今日は最高に天気がいいですね!
いよいよ春到来、間違いなし!

早速今回のLAで発注してきた新しいブランド、ちょっと面白いのでご紹介します。

lap9.jpg


RICE by RICOです。
ハンドメイドのニットのブランドRICO Hand KnitsのRICEという新しいラインです。
まだ日本にはほとんど上陸していないと思います。


このRICOは「フェアトレード」(注1:参照)の思想と活動のもとに、売上の一部を貧困諸国に援助しています。

そしてRICEはThe Rico Foundationという非営利の基金を通してフェアトレードに積極的に参加しています。



ノンプロフィットの団体や基金はもちろん以前からありますが、それをアパレル業界が積極的に取り組み始めたことは昨今の新しい動きです。



貧困諸国に搾取労働(注2:参照)を強要している一番大きな勢力の一つがアパレル業界とも言えます。
例えばアメリカでは数年前に、リーバイスの大規模な搾取労働が裁判で罪に問われています。%82%C7%82%AD%82%EB
相当規模の搾取のようですが、それでも全体から見れば氷山の一角にすぎないことはアパレル関係者なら誰もが知るところです。



これを受けるように勢力を拡大してきたのが、「アメリカンアパレル」ですよね。
このショップは日本では「エッジの効いたユニクロ」ぐらいにしかとらえられていないようですが、アメリカで急激に伸びた理由は、商品の魅力は勿論のこと、その企業哲学あるようです。

搾取工場の廃止を徹底して貫いています。
また、それを達成するために政治的な束縛を受けない形での資本のあり方を追求しています。
よって、この会社は投資家たちの援助なしで、若い力のみで作り上げられたそうです。

アメリカンアパレルの成功は新しいビジネスモデルの規範になったと言えます。



むかしからベネトンのような第三世界に目を向けたアパレル企業もありますが、今日その輪が広がっていることは確かです。



すいません話が拡がってしまいましたが、、、
RICEもそのような背景をなんとかしなくてはいけないという風向きに加わる、ブランドなのです。

もちろんRICEの評判は本国でもとても高いです。


私もすごくかわいいものをたくさんオーダーしてきたのでお楽しみに!





(注1:)フェアトレードとは----------
 貧困のない公正な社会をつくるための、対話と透明性、互いの敬意に基づいた貿易のパートナーシップです。
 アジアやアフリカ、中南米などの農村地域や都市のスラムなどに暮らす人びとに仕事の機会を提供することで、貧しい人びとが自らの力で暮らしを向上させることを支援します。
 小規模農家や手工芸職人に継続的な仕事をつくり、農薬や化学肥料に頼らない自然農法や、生産地で採れる自然素材と伝統技術を活かした生産によって、持続可能な社会を目指すことです。

(注2:)搾取労働-----------
 低水準で危険性の高い労働環境のもと、低賃金で労働者達は高収益を上げるために、言葉や暴力による虐待を受けて働いています。
 華々しいランウェイの陰にこのような実態があることはとても悲しいことですね。%97%DC

rice.jpg
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

zapple
  • Author: zapple
  • New Yorkからのインポートアクセサリーなどファッションアイテムを
    取り揃えたセレクトショップです。

Search

Calendar

06月 « 2019年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。